(第5回)インターンシップ最前線(企業編)~発展途上、未熟なバブル~

 更に細かく分析を進めていくと、企業と学生の間にある「インターンシップ」と「採用」の興味深い関係が明らかになってくる。代表的な調査結果を紹介すると、

1)学生は実施企業の「規模」や「知名度」ではなく、「インターンシップの内容」でインターンシップ先企業を選択する。
2)インターンシップに対する意見・改善要望としては「実務体験の増加」「社員との交流」「一定の長さのインターンシップ」が多い。
3)インターンシップ内容に満足した学生のうち56%がその企業の選考に進み、18%が内定まで至っている。
4)「1dayインターンシップ」とよばれる1日だけの体験型のインターンシップが、2008年卒対象の調査では全体の21%で会ったのに対し、2009年卒対象では全体の43%と倍増している。
5)内定に至る確率はインターンシップの期間が1ヶ月以上が最も多く(30%)、1日が最も少ない(6%)

といった関係が「インターンシップ」と「採用」の間にあることが見てとれる。  詳しい調査結果は、東洋経済オンライン及び、ジョブウェブサイトにて改めて発表の機会を持つことにするが、大きな特徴は以下の通りだ。

・学生は企業の規模や知名度よりも、中身でインターンシップを選ぶ傾向が強い。
・実務体験や社員との交流がインターンシップに対する満足に直結する。
・内容に満足した学生の5割強が採用選考に進み、2割弱が内定にまで至る。
 これらの事実は、規模や知名度の点で大企業に劣る中小企業やベンチャー企業、B2Bビジネスを展開している企業にとって、インターンシップは非常に有効な採用活動となりうることを示している。また、大企業にとっても内容でターゲットを絞り込んで学生を集めることが可能になるため、能力・意欲といった面で接触しにくい学生層にアプローチするのに適している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング