12年2月によく読まれた記事は?

年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありました。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。2月はニッポン電機不況が顔を出した月でした。

 

パナソニックが苦境に陥った要因の一つにテレビ事業の不振があります
 
 

2012年2月 東洋経済オンライン アクセスランキング

(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)

1位  パナソニック、次世代テレビは”不戦敗”(2月17日)

2位  新幹線の札幌延伸、函館素通りで泣く市民(2月1日)

3位  パナソニック・中村邦夫という聖域(2月15日)

4位  キヤノン"御手洗王国"76歳で異例の社長復帰(2月16日)

5位  内向きNECの迷走、1万人削減の悪夢が再び(2月14日)

6位  猛威を振るうサムスン(2月15日)

7位  東京電力の国有化に賛成ですか、反対ですか?(2月14日)

8位  エルピーダメモリがついに経営破綻(2月27日)

9位  食べログ事件で明るみ、巧妙な"ステマ"の実態(2月7日)

10位  隠蔽が止まらぬ明治、情報開示に二の足(2月21日)
 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。