マイクロソフトのリンクトイン買収は無駄か

260億ドルの元を取るのは容易ではない

(写真:Dado Ruvic/ロイター)

米マイクロソフトのナデラ最高経営責任者(CEO)は、慎重主義を放棄したのかもしれない。マイクロソフトがビジネス向け交流サイト(SNS)のリンクトインを260億ドル余りで買収することに合意した。

企業用コンピューターと社員間の情報交換ツール提供という市場において、マイクロソフトが失いつつある影響力をこれによって復活できる可能性がある。ただし欠陥を抱えた事業に50%のプレミアムを支払うことで、先行きが危ぶまれる面も出ている。

マイクロソフトの狙いは

かつてマイクロソフトは、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」と統合ソフト「オフィス」のおかげで企業用コンピューター市場の急所を押えることができた。

当記事はロイターの提供記事です

ところがクラウドとモバイル機器が発達したため、この市場はまず他のOSに、続いて新たな統合ソフトに開放されることになり、マイクロソフトの収入が脅かされる事態となった。同社が進めるユーザーをクラウドベースに移行させる取り組みは収益を後押しするだろうが、市場における従来の支配的な地位が他社からの攻勢にさらされていることに変わりはない。

マイクロソフトにとってリンクトイン買収は企業と社員、とりわけこれから入社しようとしている人たちが交流に利用している、よく知られたネットワークを握るという意味だ。リンクトインのサイトをマイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォーム「アジュール」上でオフィスやスカイプといった各種ツールとともに円滑に運営するというのが全体的な構想になる。

次ページマイクロソフトに立ちはだかる課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT