なぜ彼は、スタートアップの"神"となったか

米国で大ブレイク、リンクトイン創設者のキャリア論

その中には、「アントレプレナーシップとは、ビジネスのことだけではなくて、人生にも言えること」とか、「自分が大切だと思う仕事をやっているとき、人はもっとハードにベターに仕事ができるようになるものだ」、

「自分を変える最速の方法は、自分が求める姿を実現している人と一緒にいること」「どんな状況にあっても、計画ではなくて行動が、現実に対して仮説をテストするような教訓を与えてくれる」といったようなタメになる言葉が込められている。

彼は、別のところでこのようにも語っている。

「これまで、キャリアははしごのように上って行くものだと思われていたけれども、そうじゃない。自分の夢に足を踏み入れたいのならば、キャリアをジャングルジムのようにとらえ、横から昇ったり、下へ降りたり、時にはジャンプして飛びついたりすることが必要だ。場合によっては、ジャングルジムを離れて別のところに自分の基盤を打ち立てることもある」

すでに自分の周囲にあるものを活かし、自分が持つユニークな才能は何かを見極める。そして、自分に必要なスキルセットは何かといった問題を1つずつ解決し、正しくエネルギーを使うことを、ホフマンは教えてくれる。

まだ40代半ばのホフマンは、企業という環境の中で必要とされる、あらゆるタイプの仕事をこなしてきたという。シリコンバレーを、ただの絵空事でない方法で体験してきたわけだ。その彼が語る仕事論には、耳を傾けるだけの価値があると言っても大げさではないと思うのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。