なぜ彼は、スタートアップの"神"となったか

米国で大ブレイク、リンクトイン創設者のキャリア論

その中には、「アントレプレナーシップとは、ビジネスのことだけではなくて、人生にも言えること」とか、「自分が大切だと思う仕事をやっているとき、人はもっとハードにベターに仕事ができるようになるものだ」、

「自分を変える最速の方法は、自分が求める姿を実現している人と一緒にいること」「どんな状況にあっても、計画ではなくて行動が、現実に対して仮説をテストするような教訓を与えてくれる」といったようなタメになる言葉が込められている。

彼は、別のところでこのようにも語っている。

「これまで、キャリアははしごのように上って行くものだと思われていたけれども、そうじゃない。自分の夢に足を踏み入れたいのならば、キャリアをジャングルジムのようにとらえ、横から昇ったり、下へ降りたり、時にはジャンプして飛びついたりすることが必要だ。場合によっては、ジャングルジムを離れて別のところに自分の基盤を打ち立てることもある」

すでに自分の周囲にあるものを活かし、自分が持つユニークな才能は何かを見極める。そして、自分に必要なスキルセットは何かといった問題を1つずつ解決し、正しくエネルギーを使うことを、ホフマンは教えてくれる。

まだ40代半ばのホフマンは、企業という環境の中で必要とされる、あらゆるタイプの仕事をこなしてきたという。シリコンバレーを、ただの絵空事でない方法で体験してきたわけだ。その彼が語る仕事論には、耳を傾けるだけの価値があると言っても大げさではないと思うのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT