10代の過激化、なぜ米国は止められなかったか

両親も周囲のコミュニティも止められず

2013年秋に行われたグループチャットで、アミンのクラスメート3人は彼の過激な意見を和らげようと試みた。「彼が何を言っても茶化そうとした」とクラスメートの1人はあるインタビューで語っている。彼はアミンの意見を本気に受け止めたことなどなかったという。

シンクタンクのブルッキングス研究所が行った調査によれば、アミンが過激思想にのめり込んでいった2013年に、ISを支持するツイッターアカウントの数は2倍近くに増えたという。

2013年末、アミンはクローン病の症状の再発により入院し、数週間学校を欠席することになった。この年8月にアミンは、高校に在学したままでジョージメイソン大学が提供する大学レベルの講義を受けられる名誉あるプログラムに参加し始めたが、これも辞めなければならなかった。

プログラムを辞めてまもなく、両親はアミンが以前よりも室内で長時間過ごすようになっていることに気づいた。両親はアミンの携帯電話やパソコンを覗いて、ジハードやISに関するメッセージを見つけた。

「息子がインターネットにアクセスすることを許したことで、イスラムに関する誤った情報に接したり、良くない人たちに出会ったりするリスクに晒してしまうとは考えてもみなかった」と母親のイブラヒムは書いている。「自分が単に世間知らずだっただけでなく、大切な責任を放棄してしまったと思っている」

息子のネット上での活動に気づいた後、イブラヒムとアミンの継父ヤシル・ラストムは、バージニア州のイスラム教指導者であるモハメド・マジッド氏と面会した。この地域において、過激主義グループに惹かれた若者に対するカウンセリングで有名な人物である。彼はアミンを自分に会わせるようアドバイスした。

散漫な試み

マジッド氏とアミンはスカイプ経由で面会し、話し合った。マジッド氏はアミンに「アル・アクダリ」と呼ばれるイスラム教の文献に基づく講義を行おうとしていた。だが最初の面会の後、両親がアミンから携帯電話とパソコンを取り上げてしまい、アミンは叔父のもとに移ったため、2回目の面会は実現しなかった。

マジッド氏は、アミンのような若者のカウンセリングは何度かやったことがあると話している。彼らは孤独で傷つきやすく、目的意識を求めている。過激主義グループの徴募担当者は、こうした若者に「君たちは英雄で、偉大な目的に貢献できる」と語りかける。マジッド氏によれば、アミンは現実世界では決して感じたことのない万能感をネット上で味わっていた。「人生の節目を迎えて非常に傷つきやすくなる若者に見られる、典型的なパターンだ」と同氏は言う。

次ページ1週間のキャンプに参加しないかと誘った
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。