活躍する人たちが「1日1食」を選ぶ深いワケ

タモリ、ビートたけしも実践

石原さんが実践しているメニューでポイントとなるのは、「ニンジンとリンゴのジュース」と「ショウガ紅茶」です。私がいつも飲んでいる漢方ドリンクは体質に応じて漢方医に処方してもらう必要があり、それなりにコストもかかりますが、ニンジン、リンゴ、ショウガはいずれも近所のスーパーやコンビニでも手に入りやすい食材ですから、手軽で真似しやすいでしょう。

手軽な食材で1日1食メニュー

■石原さんの1日1食メニュー
・ニンジンとリンゴのジュースコップ2杯
・ショウガ紅茶カップ1杯(黒砂糖かチョコレートとともに)
・ショウガ紅茶カップ1、2杯(黒砂糖入り、またはショウガ紅茶カップ1杯にショウガの漬け物、すり下ろしたリンゴ1/2個分)
・ご飯茶碗1杯、味噌汁、湯豆腐または納豆
・刺身、魚介類と野菜の炒め物または明太子1腹
・ビール大瓶1本+日本酒または焼酎1~2合

 

一方、船瀬さんは20代の頃から、肉を避けて魚を食べる「ペスコ・ベジタリアン」でした。日本人として自分の育った土地のものを食べる「身土不二」という教えを実践し、和食を中心とした食生活を常時心がけてきましたから、1日1食の夕食も和ベジタリアンのルールが貫かれています。

そのキーワードは「まごはやさしい」。それは以下のように食材の頭文字を並べて、誰でも覚えやすくしたものです。外食ではなかなか摂れない「まごはやさしい」ですが、手作りすれば低コストで気軽に取り入れられます。

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

ま(豆・豆製品)

ご(ゴマ)

は(ワカメなどの海藻類)

や(野菜)

さ(魚介類)

し(シイタケのキノコ類)

い(イモ類)

最後に。1日1食は、胃腸がダメで食欲が落ちた年寄りにはすすめられないと私は個人的に思っています。消化管の機能が衰えると食べても消化ができなくなりますから、痩せている老人が1日1食だと、本物の栄養不足になる恐れがあります。

だから1日1食は、胃腸が健全で何をやっても太るという人たちに向いているのであって、食欲が落ちた老人がこれをやったら死期を早めます。年寄りになると自然に食えなくなるでしょう。

食えなくなったら死ぬというのが自然の摂理ですが、1日1食でそれを早める必要はないと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。