三枝 成彰(さえぐさ しげあき)
東京音楽大学客員教授

1942年生まれ。代表作にオペラ「忠臣蔵」「Jr.バタフライ」「KAMIKAZE –神風-」。2007年紫綬褒章受章。他に芸術祭賞、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、プッチーニ国際賞(日本人初)、渡辺晋賞など受賞多数。著書に『大作曲家たちの履歴書(上・下)』(中央公論新社)、『驚天動地のクラシック』(キノブックス)など。2017年10月、林真理子氏台本・秋元康氏演出・千住博氏美術による新作オペラ「狂おしき真夏の一日」の世界初演を予定。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT