岩田剛典「王子様キャラは今しかできない」

「植物図鑑」では甘いセリフに苦心も

キュンとする言葉だけでなく、植物オタクの樹は家事も万能。野草を使った料理で、身体も心も元気づけてくれる。

「今回、いろいろな方から料理の質問をされるんですが、申し訳なくなるくらい、最近は何もできていなくて。時間があるときは、得意なカレーを作ったりしていたんですけど。ひとり暮らしなので、当然、家事全般はやります。中でも、洗い物は得意。小さいころ、食べたあとの洗い物は兄弟と一緒にやっていたので、手際はいいと思います」

そう謙遜するが、作品の中で披露している料理シーンは、なかなかの腕前。

「料理人っぽく見える動きや仕草は研究しました。料理のシーンは、アップで使われているものも全部、僕の手。そのぶん、何回も作りましたね。腕が筋肉痛になるくらい。何テイクも炒め物をしたし、オムレツは50個くらい作りました」

逆にリアルな感じでいいのかな

作品を見ていてうらやましいと思うのが、樹がさやかのために作る、四季を感じる愛情あふれるお弁当。これまで、誰かにお弁当を作ったことは、ある?

「ないかもしれない。自分のためにもないです。この作品で作ったものが、初めて。学生のころは、母親が作ってくれたお弁当をよく食べていました。料理上手な母のきんぴらが定番で入っていた。今回、改めてお弁当っていいなと思いました」

今作の樹のように、料理のできる女性に惹かれると言う。

「一見、できなさそうなのに、筑前煮とか作れちゃうギャップのある人には、特に」

歌っているシーンは、「いま見ても緊張しているのが伝わってくる」

初主演映画で、初のお弁当作り。そして、さやかの誕生日には、初生歌の披露となるバースデーソングでお祝いするシーンが。

「確かに、僕の歌声が聴けます(笑)。なかなかないことなので、恥ずかしいです。あのシーンは、いま見ても緊張しているのが伝わってくる。それが、逆にリアルな感じでいいのかなと思って(笑)」

半年という期間限定の同居人であるふたりの距離は、時間を重ねるごとに近づいていく。それでも、樹はさやかに野草の話はしても、名前以外のことは秘密にしている。

「樹のバックボーンに共感できる部分はありました。1度きりの人生だから、自分の道を歩みたいっていう気持ちは、ひとりの男として純粋に理解できる。それに、自分自身をレベルアップさせるために時間を使うことは、まったく悪いことだとは思わない。でも、やり方次第ですよね。僕は、樹みたいな行動はとれないです」

お互い心にブレーキをかけながらも、あふれ出てしまう思い。そして……。この場面で見た、今作の中で特に印象に残るシーンのひとつが、三代目JSBの『C.O.S.M.O.S.~秋桜~』のミュージックビデオの場面と重なったことを伝えると、こんな返事が。

次ページ初主演作で、この映画に出会えてよかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT