外国人投資家は日本株を見捨てていない

日経平均は「まさかの2万5000円超え」もある

日本のリターン革命のために、経済構造を先に変える必要があるわけではない。経営の考え方を変えるだけで実現できる、つまり結果として経済構造の一部を改善できるのだ。各コードが法律ではないことでわかるように、リターン革命は、経営者や投資家の「心意気」で成し遂げられる。

具体的には、経営者が規模や安定よりも成長や効率を重んじるようになり、投資家がそれを支援することだ。心意気が緩やかでも確かに広がれば、日本企業が世界市場で生き残る可能性が高まる。結果として欧米並みのROEが実現すれば、株価は現在の1.5倍、2万5000円を超えてもおかしくない。

欧米企業よりも変革可能性が大きい日本企業

海外投資家は、世界景気回復の遅れや政策出尽くしに対する懸念から15年度に日本株を大幅に売り越した。だが、ネガティブな海外投資家ばかりではない。シナリオが少し先送りされたとしても、日本が米国や欧州以上に「変革の時」にあることを、長期的視野を持つ海外投資家もよく知っている。

先送りされた成長への期待感が戻れば、世界の投資家は再びリスク資産、中でも日本株を選ぶことになるだろう。日本の変化を信じるならば、投資家はこれからその変化に参加することができるのだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。