自動車株を最も動かす言葉は「駐車」だった

ツイッター解析が示した事業環境の底流

「駐車」というキーワードに込められた意味は? (筆者撮影)
株価の動きを事前に知りたいのは人情だが、なかなか当たらないのも真理だ。だが、株取引の裏にどういった心理や業界事情があったのかを科学的に解明することは、不可能ではなさそうだ。
人工知能技術を使ってビッグデータ解析を行うエコノミックインデックス(EI社)は、ツイッターでどのような言葉が主流になれば、株式市場に響くかを、一部業界についてランクづけした。それによると、1〜4月に自動車6社の株の出来高に最も影響した言葉は「駐車」。三菱自動車やスズキの燃費不正などで上位に来た「ガソリン」を退けた理由を読み解くと、業界をめぐる微妙な変化が浮かび上がってくる。

「桶屋が儲かる風」を可視化したい

EI社が目指しているのは「『風が吹けば桶屋が儲かる』流れを、数値を通じて可視化すること」(サービス統括部の山本隆部長)だ。今回対象にしたのは、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツダ、三菱自動車工業、富士重工業(スバル)の6社。自動車業界に関連する200件のキーワードが個別の株式の出来高にどの程度影響したかを、独自のアルゴリズムを用いて毎日点数化。1〜4月分を積み上げて順位をつけた(下表)。

次ページ熊本地震が変えた市場心理
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT