なぜマッキンゼーを辞め、NPOを作ったのか

僕が「留職」をスタートするまで

さらに驚いたのは、最初は淡々と働いていたドイツ人の上司たちが、しだいにシリア人の同僚たちと同じように、生き生きと目を輝かせながら働くようになったことだった。情熱あふれるスタッフとともに、自分が持つ知識やスキルを使って社会課題に挑むこと、そして、現地の人々から感謝されるということが、彼らの目に輝きを与えていたのだ。

人生に大きな影響を与えることになったドイツ人上司と

このシリアでの経験が、僕の1つ目の「原体験」だ。「社会の課題を解決したいという想いと、ビジネスの力とが結びついた瞬間に、何かワクワクするような価値が生まれる」という直感が、その後の僕を突き動かすことになった。

ちなみに、僕が協力隊の後にマッキンゼーに入社したのも、そのドイツ人上司のアドバイスがきっかけだ。社会課題の解決とビジネスの力とを掛け合わせたいと思い始めた僕が、「まずビジネスを学びたいのだけどどうしたらいい?」とドイツ人上司に相談すると、「それならコンサルティング会社に行きなさい」と言われたのだった。そうして帰国後の希望就職先はあっさり決まってしまった。

目の輝きを失う大企業の仲間たち

2つ目の「原体験」は、日本で僕を待っていた仲間たちの姿だ。

シリアから帰国した僕は、久しぶりに大学の部活の仲間たちを集めて飲み会を開いた。学生時代に熱く語り合った仲間たちに、当時と同じ勢いでシリアでの経験やこれからの夢を語ったのだが、その直後に聞こえてきた言葉に、僕は耳を疑った。

「おい小沼、熱いのはいいけど、現実はそんなに甘くねえぞ」

「おまえも早く会社に入って、『大人』になった方がいいぜ」

学生時代、僕の周りには志を高く持つすばらしい仲間たちがあふれていた。就職活動のときにも、ある友人は「銀行に入って金融の力で日本の中小企業を元気にしたい」と熱っぽく語っていたし、「商社で世界の貧富の差をなくすようなビジネスをつくりたい」という友人もいた。僕は、こうした友人たちに囲まれ、とても頼もしい気分だったのを覚えている。

でも、企業に就職して数年間が経った彼らからは、そうした志は消え去り、かつての目の輝きも失われつつあった。僕の目の前にいたのは、週末のゴルフや金曜の合コンだけを楽しみにする“大人”たちだったのだ。

いったいなぜ、こんなもったいないことが起こっているのか。僕は怒りにも似た気持ちを覚えた。若者の情熱や志は、彼ら自身にとっても、企業にとっても、そして日本社会にとっても、かけがえのない財産のはずだ。でも日本の多くの企業は、若者の情熱や志を活かすどころか、巧妙にそれを消し去っているように僕には思えた。これが2つ目の「原体験」だ。

次ページマッキンゼーで学んだこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。