失明防ぐ、加齢黄斑変性薬を参天製薬が発売

日本では中途失明原因4位

(参天製薬が11月27日に発売した滲出型加齢黄斑変性治療薬「アイリーア硝子体内注射液」)

中途失明の主な原因の1つとされる加齢黄斑変性。加齢黄斑変性には萎縮型と滲出型の2種類がある。滲出型では、網膜下で病的な新生血管が形成されて、滲出液の漏出などにより網膜の破壊や機能障害起こり、視野の中心に歪みや暗点がみられるようになる。

滲出型の加齢黄斑変性は、欧米では65歳以上で失明する主な原因となっている。日本でも中途失明原因の第4位で患者数は増加傾向にあるという。

そうした滲出型加齢黄斑変性治療のための新薬が登場した。参天製薬が11月27日から発売した「アイリーア硝子体内注射液」だ。

バイエルが承認取得、参天が販売

「アイリーア」は網膜疾患治療のために独バイエルヘルスケアと米リジェネロンファーマシューティカルが共同開発した新規の眼科用VEGF阻害剤。眼内における病的な血管新生と滲出液の漏出を抑制する効果があり、導入期には1カ月ごとの連続3回投与、維持期には通常は2カ月に1回の計画的投与により、視力の改善・維持が可能となることが期待できる。

次ページ網膜など後眼部領域に参入
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT