失明防ぐ、加齢黄斑変性薬を参天製薬が発売

日本では中途失明原因4位

(参天製薬が11月27日に発売した滲出型加齢黄斑変性治療薬「アイリーア硝子体内注射液」)

中途失明の主な原因の1つとされる加齢黄斑変性。加齢黄斑変性には萎縮型と滲出型の2種類がある。滲出型では、網膜下で病的な新生血管が形成されて、滲出液の漏出などにより網膜の破壊や機能障害起こり、視野の中心に歪みや暗点がみられるようになる。

滲出型の加齢黄斑変性は、欧米では65歳以上で失明する主な原因となっている。日本でも中途失明原因の第4位で患者数は増加傾向にあるという。

そうした滲出型加齢黄斑変性治療のための新薬が登場した。参天製薬が11月27日から発売した「アイリーア硝子体内注射液」だ。

バイエルが承認取得、参天が販売

「アイリーア」は網膜疾患治療のために独バイエルヘルスケアと米リジェネロンファーマシューティカルが共同開発した新規の眼科用VEGF阻害剤。眼内における病的な血管新生と滲出液の漏出を抑制する効果があり、導入期には1カ月ごとの連続3回投与、維持期には通常は2カ月に1回の計画的投与により、視力の改善・維持が可能となることが期待できる。

次ページ網膜など後眼部領域に参入
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。