JR九州「或る列車」でシンデレラ気分を満喫!

水戸岡鋭治氏が細部にこだわった"豪華列車"

日田駅では「或る列車」が入線するところから見守った。元々は四国を走っていたディーゼルカーのキハ47形がこんなキラキラとした美しい姿に生まれ変わろうとは、こちらはこちらで、まるでシンデレラストーリーである。

画像を拡大
2号車の個室。窓はすだれ、障子、カーテンと3種の光の加減を選べる(筆者撮影)

後から知ったが、水戸岡さんもこの列車をシンデレラになぞらえて「黄金の馬車」と呼んでいるとか。この黄金の馬車に乗れば誰でもシンデレラになれる。ドレスコードはないが、一応それなりの服装をしていって良かった。これから約2時間半の間だけ、お姫様気分に浸ろうと思う。

予約が取れたのは2号車雪見障子個室の2名席。組子の繊細な作りがとても見事だ。これはななつ星でも使用されている、釘を全く使わない技術だとか。

アテンダントさんが手でベルを鳴らす。それが発車の合図だった。なんて優雅なのだろう。自然とお姫様スイッチが入る。

ステンドグラスが輝く車内

酔っ払う前に車内を見ておこう!とカメラを持って1号車へ移動。そういう考え方自体、すでにお姫様ではない気がするが許してほしい。

画像を拡大
ステンドグラスが美しい1号車。左は厨房、奥がテーブル席(筆者撮影)

ステンドグラスの壁沿いに入ってみると、そこは2号車の和風で落ち着いた作りとはまた違う、洋風でゴージャスな部屋となっていた。照明や格子の天井は、ななつ星で使われたものと同じ。この時は気付かなかったが、天井の四つ葉のクローバー模様のいくつかだけが、三つ葉と五つ葉になっているとか。「或る列車」のマークなどもそうだが、水戸岡さんの遊び心があちらこちらに見受けられる。

席に戻るとすでに1品目が置かれていて、食べ始めた頃にスープが来た。飲み物はフリードリンクなので、お酒もソフトドリンクも好きなだけ頼むことができるが、お酒は宮崎・都農ワインのスパークリング・白・赤ワインの3種のみ。

料理は東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフがプロデュースし、食材は九州の旬のものが使われている。食器も全て九州の名工がオリジナルを製作しているとのこと。よく見るとカトラリーには焼印でハートマークが、グラスやカップには「或る列車」のマークが透かしで入っていたりする。思わず欲しくなってしまうデザインだ。

しかし残念ながら、食器類はおろか、「或る列車」にはグッズが一つも売っていないのであった。売られていないのは水戸岡さんの意向ではないらしい。

次ページ「ななつ星」とのすれ違いも
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。