寝台特急ヘッドマーク付「ビール」の狙いは?

鉄道は「幸せな思い出」を演出するコンテンツ

今年のヘッドマークチャームは21種類。なかなかに壮観である(筆者撮影)

5月初め、ふらりと立ち寄ったコンビニのビールコーナーで私の目に飛び込んできたのは、寝台特急のヘッドマークチャームだった。

寝台特急もヘッドマークも大好きなので、思わず手に取ってみる。どうやらヱビスビールを買うと寝台特急のヘッドマークチャームが付いてくる、というキャンペーンらしい。そういえば昨年もヱビスはこのキャンペーンをやっていた。もちろんその時の全6種類は手に入れている。

「今年も集めねば…!」コレクターの血が騒ぐ。誰に頼まれるでもなく、私はそっと景品を吟味し始めた。キャンペーンは始まったばかりのようで、その場で6種類が集まった。

簡単だった。この時はそう思っていた。

今年はなんと21種類!

この連載の記事一覧はこちら

「NEWDAYSで寝台特急ヘッドマークチャーム6種類コンプリートした」とSNSで報告すると「早いですね」「すごい!」というコメントの他に、「全部で21種類あるのをご存知ですか?」という書き込みがあった。

調べてみて驚いた。昨年と同じく6種類で全部だと思っていたヘッドマークが、今年はなんと21種類にも増えていたのである。しかもコンビニごとに置かれているヘッドマークが違うという。その意味が最初は理解できなかった。

画像を拡大
こちらは昨年の6種類。北斗星は保存用と合わせて2つ買った(筆者撮影)

コレクションしている人たちの情報を集めてみると、コンビニ1軒に置かれている6種類のうち、3種類は各コンビニ共通で、そのほかは店によって違いがあるらしい。つまり「3種類×6コンビニ+共通の3種類=21種類」となる。

私は驚愕した。と同時に、うれしい気持ちが湧き上がってきた。「また集められる!」

次ページ片っ端からコンビニをチェック!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT