寝台特急ヘッドマーク付「ビール」の狙いは?

鉄道は「幸せな思い出」を演出するコンテンツ

今年のヘッドマークチャームは21種類。なかなかに壮観である(筆者撮影)

5月初め、ふらりと立ち寄ったコンビニのビールコーナーで私の目に飛び込んできたのは、寝台特急のヘッドマークチャームだった。

寝台特急もヘッドマークも大好きなので、思わず手に取ってみる。どうやらヱビスビールを買うと寝台特急のヘッドマークチャームが付いてくる、というキャンペーンらしい。そういえば昨年もヱビスはこのキャンペーンをやっていた。もちろんその時の全6種類は手に入れている。

「今年も集めねば…!」コレクターの血が騒ぐ。誰に頼まれるでもなく、私はそっと景品を吟味し始めた。キャンペーンは始まったばかりのようで、その場で6種類が集まった。

簡単だった。この時はそう思っていた。

今年はなんと21種類!

この連載の記事一覧はこちら

「NEWDAYSで寝台特急ヘッドマークチャーム6種類コンプリートした」とSNSで報告すると「早いですね」「すごい!」というコメントの他に、「全部で21種類あるのをご存知ですか?」という書き込みがあった。

調べてみて驚いた。昨年と同じく6種類で全部だと思っていたヘッドマークが、今年はなんと21種類にも増えていたのである。しかもコンビニごとに置かれているヘッドマークが違うという。その意味が最初は理解できなかった。

画像を拡大
こちらは昨年の6種類。北斗星は保存用と合わせて2つ買った(筆者撮影)

コレクションしている人たちの情報を集めてみると、コンビニ1軒に置かれている6種類のうち、3種類は各コンビニ共通で、そのほかは店によって違いがあるらしい。つまり「3種類×6コンビニ+共通の3種類=21種類」となる。

私は驚愕した。と同時に、うれしい気持ちが湧き上がってきた。「また集められる!」

次ページ片っ端からコンビニをチェック!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング