ユーロ「復活」の可能性は85%

メルケル首相に近い有力経済人が診断 

ユーロ圏崩壊の可能性は減少した

ただ、ドイツも日本と同様、高齢化の問題を抱えている。労働人口も減少している。課題解決にはまず、国内の持てる資源、女性、高齢者、そして若者を十分に活用することが大事だ。資本集約型経済への移行も重要である。

移民に関しては、オープンな社会へと変わってきた。資格を有する人達にはある程度、門戸を開いている。欧州各国でも中東欧、東南アジア、中国、アフリカからの移民が多い。だが、移民を受け入れるだけでは問題は解決しない。

――ユーロ圏崩壊の可能性はどの程度の確率と見ていますか。

もちろん、ゼロではない。ただ、6カ月前に同じ質問を受けたなら、「3分の1」と答えたかもしれない。現段階では10~15%に減ってきた。換言すれば、85~90%の割合で、ユーロ圏に健全性を取り戻すチャンスがあるということだ。欧州が世界で競争力を持つ地域であり続ける可能性が残っているのだ。

ローランド・ベルガー社は現在、欧州統合と成長プログラムへの取り組みを行っている。民間の資本を導入したインフラ投資を提唱。その規模はすでに、1兆ユーロ以上に達している。こうした投資をすれば、成長にもつながるはずだ。南欧諸国に成長プログラムを導入することで、ユーロ圏全体を健全かつ安定した経済圏へ戻していくことが可能と考えている。

世界経済はユーロ・EU圏と密接につながっている。EUのGDPは世界の25%に達する。世界の外貨準備高の26%はユーロだ。ユーロが崩壊して生き残ることができなければ、世界経済にも非常に大きな影響を及ぼすことになる。ユーロ危機を避けるのは世界経済のためでもあるのだ。
(聞き手:松崎泰弘=東洋経済オンライン)

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT