スズキの「燃費測定不正」はどれ程悪質なのか

国交省は5月末までの調査待ちで判断を保留

燃費性能に問題がなかったこともあってか、スズキ側の罪の意識は乏しい。対象者の処罰について問われた修会長は、「燃費をよくしようと手を抜いたなら問題だが、善意でやったということになると、人情的に考えないといけない」と強弁した。

当然、この認識は正当化できない。国交省の担当者は「法令に合っていないため不適切。けしからんことをやっている」と切り捨てる。

スズキは販売を続ける考え

今年3月に国内でお披露目したばかりの「バレーノ」も不正対象(撮影:梅谷秀司)

ただし、スズキと三菱自の不正の悪質度合いが同じかというと、それも違う。

三菱自に関しては、不正の中身が大きく三つに分けられる。(1)燃費をよく偽るための改ざん、(2)実測に基づかないデータの机上計算、さらに(3)国の定めと違う測定法の採用、だ。

法令違反という点では同じなのだが、悪質性では(1)、(2)、(3)の順となる。スズキの行為は(3)に近い。

三菱自は燃費改ざんがあったと認めている軽4車種は製造・販売を中止しているが、(2)(3)があった車種については販売を継続している。

スズキも「燃費に差はないので、私どもといたしましては(販売を)続けさせていただくという考え方」(修会長)と、対象車種について製造・販売の停止を否定する。なにしろ、不正対象は現在、スズキが国内で販売している全車種だ。これがすべて販売停止となれば、その期間などにもよるが、同社は深刻な危機にも陥りかねない。

次ページブランド毀損の影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT