参院選当落分析、愛知「民進王国」は守れるか

北信越・東海ブロックの見どころは?

北信越・東海ブロックの焦点は?(写真:リュウタ / PIXTA)

7月に行われる第24回参議院通常選挙。5回連続の当記事では2013年参院選(第23回参議院選)と2014年衆院選のデータをもとに票の動向を探るとともに、各選挙区の事情に迫り、当落を予想していく。次期参院選の考察の一助になれば、幸いである。

北海道・東北北関東・東京・南関東に続く3回目は「北信越・東海ブロック」。なお「評価」は◎が安泰、○は善戦、●は苦戦を示す(第4回は近畿・中国、第5回は四国・九州)。

「TBSの顔」が長野に

長野は今期で北澤俊美元防衛相が引退するが、その後継となったのが「TBSの顔」と言われた杉尾秀哉氏だ。全国放送の「ニュースの森」でコメンテーターやキャスターを務め、知名度は抜群。杉尾氏は長野出身ではないが、それがマイナスになっていない。

そもそも神戸市出身の杉尾氏が長野選挙区から出馬するきっかけになったのは、政治部記者時代に羽田孜元首相の番記者を務めたことだ。市田柿ふるさとPR大使も務めるなど、長野県との縁を深めていった。さらに北澤氏が全面的に応援し、その地盤を完全に譲るため、安定の強さがある。

その煽りを喰っているのが、自民党の若林健太参院議員だ。長野選挙区は次期参院選から定数が2から1に減少する。自民党と旧民主党が1議席ずつ分け合ってきたが、これからはそうはいかない。熾烈な戦いが始まろうとしている。 

長野と同様、次期参院選から定数2から定数1に削減される新潟選挙区。現職の田中直紀参院議員は比例区に鞍替えした。空白となった民進党の枠にいち早く手を挙げたのが2013年の参院選で落選した生活の党の森裕子前参院議員で、昨年から民主党(当時)側に推薦を求めていた。

「早くきちんとした候補を決めてほしい」――。森氏の強い推薦要請に、地元は旧民主党本部に泣きついた。新潟県は世界最大の発電量を持つ東京電力柏崎刈羽原発を抱えている。反原発を掲げる森氏を擁立することは、電力総連などを抱える連合としては到底できなかった。

次ページ枝野幸男幹事長が白羽の矢を立てたのは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT