アコーディア・ゴルフは次の成長の柱を模索

ストップ高TOB企業の実力

TOB開始初日でもある翌16日のアコーディアの株価は、当然ながら、ストップ高となる6万3200円まで急伸。この日は、TOBを仕掛けた側のPGMの株価も一時ストップ高となる7万4200円をつけた(終値は前日比5300円高の6万9500円)。

ツレ高となった形のPGM株はともかく、アコーディア株は週明け19日以降も、ひとまず8万1000円をつけるまでは、急騰が必至と見られる。ただ、今回のPGMによるアコーディアのTOBは、PGM側からアコーディア側にいっさい事前協議がなかったという「敵対的TOB」の格好となったため、TOB期間(11月16日~2013年1月17日)の間には、ホワイトナイトの模索などを含むアコーディア側による対抗措置が繰り出される可能性もあり、まだ一波乱も二波乱もありうる。

8万1000円というTOB価格が本当に妥当なのか。高すぎたり安すぎたりはしないのか。それを株主が判断する大きな材料の1つが、アコーディアの足元の業績と今後の成長性だろう。

神田社長は「経営統合まで見届けたいならTOBに応募しない選択肢もある」と説明したが、「PGMとくっつくよりも、アコーディア単独での成長のほうが魅力的だから、応募しない」という選択肢もあるからだ。特に、今回のTOBをきっかけにアコーディアの株価が再評価されて8万1000円を大きく超えて推移するようだと、TOBに応募する動機が薄れる可能性もありうる。

アコーディアの業績はほぼ期初計画どおり

アコーディアの今13年3月期の業績は、今のところ会社側の期初計画にほぼ沿った形で推移している。中間期(12年4~9月期)の決算は、売上高(営業収益)が478億円(前年同期比6.4%増)、営業利益が70.7億円(同3.1%増)、純利益が36.7億円(同56.4%減)。東日本大震災の影響をもろに被った前年同期(11年4~9月期)に比べ、特別利益が縮小したため純利益はへこんだものの、売上高も営業利益も復調した。

次ページTDRと客単価逆転
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT