アコーディア・ゴルフは次の成長の柱を模索

ストップ高TOB企業の実力

ただ、震災の影響がなかった前々年同期(10年4~9月期)に比べると、売上高は10億円伸びたものの、営業利益は13.5億円縮小した。これは、主力のゴルフ場事業で、入場者数は平日の稼働率改善などによって盛り返してきたものの、客単価の下落傾向が続いているためだ。

アコーディアのゴルフ場(新規取得コース除く)の客単価は、09年4~9月期が9847円、10年4~9月期が9720円、11年4~9月期が9420円、そして今12年4~9月期が9383円と続落。

東京ディズニーと客単価が逆転

業態が違うので単純比較は難しいが、オリエンタルランドが運営する「東京ディズニーリゾート」の顧客単価は、12年4~9月期で1万0420円とアコーディアを1000円強回る。東京ディズニーリゾートの客単価は年々上昇傾向にあり、1万円大台を超えたのは09年3月期。一方、長期低落傾向にあるアコーディアのゴルフ場客単価が1万円大台を割り込んだのも09年3月期。両者の客単価はちょうどこの09年3月期に逆転したことになる。

アコーディアの今13年3月期の通期見通しは、会社計画によると、売上高908億円(前期比4.6%増)、営業利益145億円(同15.2%増)、純利益54億円(同52.2%減)。純利益が大幅減益となる理由は、中間期決算と同じく、特別利益の縮小によるもので本業と直接関連はない。主力事業であるゴルフ場運営の部門売上高は前期比1.1%増の608億円と小幅増にとどまる想定だ。

次ページGDOとの提携効果は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT