ダブル不倫6年で再婚!ある男女の「選択」

社会的に許されない、それでも突き進んだ

「土日は奥さんとほとんど一緒に過ごしています。飲み仲間以外の友だちはほぼ全員を紹介していますよ。僕は友だちが多いほうですけど、奥さんは何でも一番先に誘いたい親友でもあると思っています。

でも、彼女は僕がいつか他の女のところに行っちゃうんじゃないかと不安に思い続けているようです。遅くに帰って来ると、部屋の隅で体育座りをしていじけていたりします。落ち込み方が暗い!ベストセラー本の『幸せになる勇気』を買って渡したりしています。

今さら不倫なんかするわけがない

智弘さんは女性の仕事仲間や友だちと仲良く飲み交わすことはある。しかし、また不倫して離婚したりは絶対にしないと断言する。なぜなら、前妻との離婚でエネルギーも貯金も「空っぽ」になったと感じているからだ。

「30代は人として成長するために重要な時期ですよね。こつこつ勉強して成長している人もいます。でも、僕は不毛な結婚生活をずっと解消できずに7年間も無駄にしてしまいました。いま、ようやく落ち着いて、仕事にも勉強にも集中できる状況です。いまさら不倫なんてするわけない。やきもちレベルのことは卒業してくれ、と奥さんに言いたいですね」

男女関係に正解はなく、結婚生活にゴールはない。だからこそ、結婚相手との関係から学ぶことも多いと筆者は思う。失われた7年間を取り戻すぐらい成長したいのであれば、飲み歩きは控えめにして裕子さんを安心させることを最優先するべきなのかもしれない。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT