新興市場国こそもっと「金」を買うべきだ

先進国の国債を買うよりもお得で安全だ

新興市場国は金を買い続けてはいるが、米国を筆頭とする富裕国の国債購入量に比べれば微々たるものだ。2016年3月時点で中国の準備高に占める金の割合は2%、インドでは5%にとどまっている。ただ、ロシアだけは金の購入を増やしており、準備高に占める金の比率は15%近くに達している。欧米諸国からの経済制裁の影響が、少なからずあるのだろう。

新興市場国が外貨を保有する理由は、金融危機や債務危機を脱するためにインフレを起こす余力がないからだ。新興市場国では現在も、国際債務の大部分や、世界との貿易のさらなる大部分が、ハードカレンシー建てだ。原理的には新興市場国の資金を、国際通貨基金(IMF)などの管理下でプールできたなら状況は非常に改善されるのだが、そのような取り決めを行うには信用が足りない。

安全資産の需給ギャップ縮小にひと役

金保有率を増やせばシステムがうまく機能するのはなぜか? 現状の問題点は、新興市場国が富裕国の国債を奪い合っている結果、得られる利回りが低下してしまっている点にある。また、先進国の国債の発行数は、その国の税負担の能力やリスク受容度によって、制限されてしまう。

これに対し、金は供給量がほぼ一定だが、価格に上限はないのでこうした問題は起こらない。さらに金は非常に低リスクな資産で、実質利回りの平均は超短期の債権に匹敵する。さらに準備資産として必須の要素である、流動性も高い。中央銀行は長期の平均リターンを見越して短期の価格変動を受け入れることができる。

確かに金から金利は得られないし、貯蔵コストもかかる。しかしこうしたコストは、必要であれば海外に置いておけば効率よく管理できる。実際に多くの国がニューヨーク連銀に金を保管している。

金の保有にシフトすると、新興市場国が先進国を食い物にして利益を得ることになる、と言うつもりはない。先進国の中銀や国庫には現在、新興市場国が有するよりもはるかに多量の金があり、新興市場国が段階的に金保有を進めれば、金価格は競り上がっていくだろう。

ただ、これは世界全体に影響するほどの問題ではない。金が値上がりしたとしても、金利がゼロ近辺にまで下がったことで発生した、安全資産の需給ギャップを縮める程度にとどまるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT