師匠・押井守とは違うアニメを創る

神山健治が描く「アニメ界の未来」(上)

過去に何度かアニメ化され、現代でも熱狂的なファンを持つ石ノ森章太郎原作による未完の超大作「サイボーグ009」。日本SFマンガの金字塔ともいえる作品を、全く新たな物語として生まれ変わらせたのが映画『009 RE:CYBORG』。10月27日より全国で公開中だ。
物語の舞台は2013年=現代。世界の大都市では超高層ビルを狙った同時多発爆破事件が発生していた。かつて、世界が危機に陥るたびに、人々を救ってきた9人のサイボーグ戦士たちは、ヒーロー不在の時代に「誰がために」戦うのか――。ゼロゼロナンバーサイボーグたちの新たな戦いが描かれる。
『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』の神山健治監督が自ら脚本・監督を手掛けた本作。日本が誇る2Dセルアニメーションの見た目でありながら、3DCGアニメーションで制作されていることも話題となっている。
そこで今回は、神山監督が石ノ森作品を手掛けることになった経緯、プレッシャー、そして本作のテーマとなる「正義」について聞いた。

 

――石ノ森先生の「サイボーグ009」といえば、熱狂的なファンが多い作品です。それに対するプレッシャーは?

実はそういうところであまりプレッシャーを感じていない。むしろそういう作品をやれる喜びのほうが勝ります。僕は常々、(師匠の)押井守監督のような作品を作りたいという思いでこの業界に入っているからそう考えるのかもしれませんが、逆に自分の色を出したい人は、プレッシャーを強く感じるのかもしれませんね。

――もともと「サイボーグ009」には押井守監督のバージョンがあって、そこから神山監督にバトンタッチとなったと伺ったのですが、その経緯は?

今から2年前、CEATEC JAPANでの立体視3Dテレビのプロモーション向けに押井監督が作ったPVがありました。そしてそれを元に映画本編を作ろうという話になったときに、押井監督の作家主義的内容に、もう少しエンターテインメントの部分を加味してほしいというリクエストが出た。それで僕が脚本として参加することになったんです。ただ、物語作りにおいては、押井さんには押井さんなりの考えがあった。そこには僕との意見の相違があったのは事実です。

次ページ009を監督はどうみているか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。