師匠・押井守とは違うアニメを創る

神山健治が描く「アニメ界の未来」(上)

今、時代は人類共通の幸せを目指していくのとは、正反対の方に向かっているように思える。全世界の、人類共通の正義というのは、現実と照らし合わせてしまうと多分ない。ますます無理になってきている気がしてなりません。

しかし、これは僕の持論なんですが、映画のようなエンターテイメントは、現実と照らし合わせた時に、たとえ「そんなことありえない」「それはしょせん理想だ」と言われたとしても、われわれは物語の中でそれを追い求めるべきものなんじゃないかと。

観客が現実社会で考えてくれるきっかけになるようなものを描き続けなければいけない。それがエンターテイメントの使命ではないかと思う。映画は100年の歴史しかないですが、そうした使命を帯びて描かれてきたと僕は思っています。

(C) 2012『009 RE:CYBORG』製作委員会

――神山監督が考える石ノ森先生の正義・ヒーロー像は?

特に僕らの世代は、石ノ森先生の作品を知らず知らずのうちに浴びている。今回、脚本を書き始めてみて、石ノ森先生が描いてきたヒーロー像が、思っていた以上に自分の中にすり込まれていたんだなと感じました。

次ページ気になる次回作
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT