師匠・押井守とは違うアニメを創る

神山健治が描く「アニメ界の未来」(上)

今、時代は人類共通の幸せを目指していくのとは、正反対の方に向かっているように思える。全世界の、人類共通の正義というのは、現実と照らし合わせてしまうと多分ない。ますます無理になってきている気がしてなりません。

しかし、これは僕の持論なんですが、映画のようなエンターテイメントは、現実と照らし合わせた時に、たとえ「そんなことありえない」「それはしょせん理想だ」と言われたとしても、われわれは物語の中でそれを追い求めるべきものなんじゃないかと。

観客が現実社会で考えてくれるきっかけになるようなものを描き続けなければいけない。それがエンターテイメントの使命ではないかと思う。映画は100年の歴史しかないですが、そうした使命を帯びて描かれてきたと僕は思っています。

(C) 2012『009 RE:CYBORG』製作委員会

――神山監督が考える石ノ森先生の正義・ヒーロー像は?

特に僕らの世代は、石ノ森先生の作品を知らず知らずのうちに浴びている。今回、脚本を書き始めてみて、石ノ森先生が描いてきたヒーロー像が、思っていた以上に自分の中にすり込まれていたんだなと感じました。

次ページ気になる次回作
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT