ソフトバンク、「地味な好決算」に透ける課題

米スプリントに改善の兆しだが…

――電力小売りはどのくらいの契約数か。再生エネルギーについては。

数はまだ小さい。数えるに足らない程度だが、一歩一歩増えている。再生エネルギーはインドで入札に勝って、大規模投資が決まっている。ライフワークになると思う。

――震災対応の投資は増やすのか。

東日本大震災で多くの人にご迷惑をかけた。われわれのネットワークがつながっていれば、助かった人が一人でも二人でもいたのではないかと責任を感じ、圧倒的な投資をしてきた。

熊本地震の被災地では、気球によって周辺を通信エリア化する対策を行った。写真は訓練時のもの(撮影:大塚一仁)

今回の熊本震災で一番早く全面復旧したのがソフトバンクだ。東日本大震災当時は900メガヘルツ帯(電波が遠くまで届きやすい「プラチナバンド」の帯域)の認可を受けていなかった。鉄塔が倒れたり、停電したりしても、上から電波を届けるために、気球に通信機器をつけて空から電波を送ることもやった。おそらく世界初ではないか。

移動中継車も他社の10倍くらいある。対策費が少ないのではないか、投資が少ないというのはまったくの勘違い。しかも大規模な障害(3万人以上・1時間以上に及ぶ障害だと総務省に届け出る必要がある)は一度もない。いかに真剣にネットワークを守っているか。世界で一番(ネットワークが)倒れていないのではないか。

iPhone「5s」を販売した理由

――基地局の停波数は4月16日にドコモ40、KDDI28に対して、ソフトバンクは199とけた違いだった。ソフトバンクは伝送路のダウンもかなり多かった。

そもそも基地局の数が圧倒的に多い。生き残っていた基地局の数という見方ならば、われわれのほうが多かったかもしれない。電波が飛ばない2.5ギガヘルツでたくさんの基地を持っている。900メガヘルツの許認可を得たのは数年前。だから基地局の数を増やすしかなかった。

――自動運転の開発会社に5億円投資した。

自動運転に小さな投資はしているが、大きな投資は時期尚早。

――ワイモバイルで、最新機種よりも画面の小さいiPhone 5sを販売開始した理由は。

ユーザーには色々な好みがある。女性とか、学生とか、小さく手の中に入る方がいいとか。つり革につかまって、片手で操作できる方がいいとか。特にワイモバイルは価格で勝負している。アップルと交渉し、販売できる権利を得た。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT