熊本地震、「災害廃棄物」処理という重い課題

業界の異端児「くませい」が奮闘している

熊本市内の災害ごみの様子。大きな地震が起きると多くの災害廃棄物が発生する。処理は長期化しそうだ(写真提供:熊本清掃社)

熊本地震は4月14日の発生から、はやくも1カ月が経とうとしているが、なお余震や混乱は収まっていない。避難者のケアなどはもちろん、大量の「災害廃棄物」の処理も依然、深刻な課題だ。

熊本市には、その名も「熊本清掃社」という廃棄物処理業者がある。熊本だけでなく、名古屋でも学校給食残さの堆肥化などを請け負う「くませいさん」として知られるユニークな業者が直面している現実から、「災害とごみ」の教訓が見えてくる。

被災した本社から出動する収集車

熊本清掃社の村平光士郎社長(筆者撮影)

濃い目の顔立ちに細身のジャケット、胸にはきっちりと折りたたんだポケットチーフ。およそ「産廃業者の社長」とはかけ離れたイメージの村平光士郎社長は、いつものように早口でまくし立てる。

「本社といっても小さな社屋なので、少し外壁がはがれ落ちるなどしましたが倒れても傾いてもいない。とにかく大変な熊本の街を一日でも早く元通りにするため、一個一個のごみを片付けるだけですよ」

1963年創業の熊本清掃社は、熊本市からの一般廃棄物収集運搬業許可をはじめ一廃・産廃の各種許可を取り、主に事業系一般廃棄物を扱ってきた。普段は夜間の収集運搬が中心だが、今回の地震発生以降は市の災害ごみ収集の応援のため、日中も市内で収集車を走らせている。熊本市西区の本社地下には水や食料、そして1週間分の軽油などの燃料を備蓄していた。地震被害で通行が困難な道路も多いが、社員同士がカバーし合って効率的なルートで回収できているという。

次ページ社員も被災
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT