マイクロソフト「サーフェス」の衝撃

日の丸パソコン崩壊?

下位メーカーは苦境に

不協和音がさらに広がる種になりそうなのが、来年発売予定のインテル系CPUを積んだウィンドウズ8版のサーフェスだ。こちらはキーボードが着脱可能なことを除けば、ほぼパソコンそのもの。アプリケーションのインストールも既存のパソコンのように自由に行えるため(RT機はウィンドウズストアからのダウンロードのみ)、こちらが本命となる。当然のことながら、既存のパートナーのビジネスにはより大きなインパクトを与える。

バルマーCEOは10月9日、年次報告書内の株主への手紙の中で「マイクロソフトはデバイス(機器)とサービスの会社になる」と宣言。自社開発したハードウエア(デバイス)のラインナップは拡充される方向だ。タブレットからパソコン、スマートフォンへとその領域が広がれば、従来のパソコンメーカーの生存圏は必然的に縮んでいく。

グローバルに大きなシェアを誇るレノボ、HPなどは、まだ影響は限定的かもしれない。開発の初期の段階からマイクロソフトと密接に情報交換を行い、有利な形でハード開発を継続できるためだ。販売数量が多ければ、ボリューム効果により、マイクロソフト純正品と同等価格での販売も可能だろう。

それに対し、大きな影響を受けるのが、グローバル市場でのシェアが低いパソコンメーカーだ。つまり、日本のパソコンメーカーはすべて大きな影響を受ける可能性がある。アイフォーンやアンドロイド搭載のスマートフォンの勃興により、日本のガラパゴス携帯はあっという間に駆逐されてしまった。同じようなことがパソコン市場でも巻き起こりかねない局面なのである。

(撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年11月17日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT