コーセー「雪肌精」、爆買いに頼らない新戦略

百貨店でも販売、高級路線へ磨き直し

雪肌精のグローバルキャラクター、新垣結衣さんと小林一俊コーセー社長(3月1日、記者撮影)

近鉄百貨店に導入したのと同様のカウンターは、中国をはじめとしたアジア太平洋の海外店舗約10店にも導入する。広告キャラクターも、日本同様に女優の新垣結衣さんを起用する予定。雪肌精のブランド価値を世界的に統一し、全世界で販売を伸ばしていこうという戦略だ。

中国は今、EC(インターネット販売)経由で物を買うことが全盛。コーセーも実店舗を縮小しつつ、EC売り上げ比率を高めている。それにも関わらず、ここに来て実店舗への投資を行うのは一見矛盾のようにも思えるが、百貨店カウンターでブランド力をアピールできれば、ECでの売り上げにもプラスの効果が見込めるというわけだ。

インバウンド需要の減速に備える

コーセーがこうした施策を行う背景には、中国経済の減速により、インバウンド需要の先行き不透明感が高まってきたことにある。今のところ、同社のインバウンド売上高にとりわけ減速感は見られない。それでも、小林一俊社長は中国人観光客の買い物に変調を感じているという。雪肌精やアルビオンといった中・高価格帯の人気は変わらず高水準だが、それでも最近はアイシャドーやシートマスクなど、単価の低い商品へ人気がシフトしてきたというのだ。

さらに4月8日からは、中国政府が日本から中国への並行輸入品に対し、一部税率を上げるという政策も開始。この影響で、日本の店頭で大量に商品を購入し、現地で売り捌いていた転売業者の動きも、抑制される可能性が高い。こうした状況下で、インバウンド需要が多少落ちても、それをカバーできる仕組みを用意しておく必要があるのだ。

同社は、今2017年3月期のインバウンド売上高を、前期よりも約10億円低い150億円程度と予想するが、先行きは極めて読みにくい。これに一喜一憂するリスクを取るよりは、中国人向けの売り上げは中国で立てる、という整理をしたコーセーの決断は堅実だ。あとは、この現地政策が、中国人に受け入れられるか。そして日本での雪肌精ブランドの価値をもくろみどおりに高められるかにかかっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT