パナ津賀社長が打った「あえて」減収減益予想

もう出来もしない売り上げ成長は追わない

津賀社長は今期を「成長に向けた足場固めの年」と見込む

利益ベースの成長に回帰したが、今期は「成長に向けた足場固めの年」に位置付け、車載事業の開発費増や住宅事業の人員強化で、約500億円の先行投資を見込む。そのため期初から減益見通しを発表した。

追わないと決めた売上高は微減予想だが、2015年比で為替が円高に振れているため、円換算した際に金額が目減りすることを考慮(前期実績は1ドル120円、今期想定は同115円)。さらに、想定外の下振れリスクを吸収するためのバッファーとして2000億円見積もっており、今期の売上高は前期と打って変わって、“堅い”予想であると言える。

問題は、その先行投資が来期以降、実を結ぶかどうかだ。

「もうヤケクソ。分からないから勘や」

津賀社長は4月中旬に東洋経済のインタビューに応じ、「(期初から減益計画を出すことは理解されないかもしれないが)もうヤケクソやということ。将来のことが分かっていたら、(前期の下方修正のように)売上高が4,500億円も未達になることはない。分からないから、勘や、としか言い様がない」と、正直な心の内を語った。

この6月で就任5年目を迎え、その勘も「働くようになってきたのは間違いない」と語る津賀社長。正しい一手で描いた成長を引き寄せることができるのか。勝負の1年が始まった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT