日銀黒田総裁が「追加緩和」を見送った理由

「マイナス金利はいくらでも深掘りできる」

 4月28日、日銀の黒田総裁は金融政策決定会合後の記者会見で、市場で一部期待が高まっていた追加緩和を見送った理由として、1月に導入したマイナス金利の効果を見極めるためと説明した(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 28日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は28日の金融政策決定会合後の記者会見で、市場で一部期待が高まっていた追加緩和を見送った理由として、1月に導入したマイナス金利の効果を見極めるためと説明した。

金融政策は金融機関のためにやっていない

一方、2%の物価目標達成のためには「量・質・金利」による追加緩和を辞さない姿勢を示し、市場の期待をつないだ。金融機関からのマイナス金利への批判については「金融政策は金融機関のためにやっていない」と一蹴した。

日銀は今回の決定会合で2016年度の物価見通しを大幅に引き下げ、2%の物価目標達成時期を従来の「2017年度前半」から「2017年度中」に、事実上後ずれさせた。景気・物価の見通しについても「下振れリスクは、引き続き大きい」と認めた。

それにもかかわらず追加緩和を見送った理由について総裁は「所得から支出への前向きな循環メカニズムは維持されているため」と説明。さらに、金融市場が不安定であり、マイナス金利による金利低下による企業などの「前向きな変化が現れにくい」として、「今回の会合では、政策効果の浸透度合いを見極めていくのが適当と判断した」と説明した。

次ページマイナス金利での貸出「議論せず」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT