入社早々、心を病み…「即退社」は実際可能か

新入社員の「悲痛な声」、早くも続々…

社会に飛び出した新入社員たちに対して、嶋崎弁護士は「辛いと思ったら、専門家に相談に行け」とアドバイスする。

「専門家とは、企業内・企業外問わず労働者の立場で相談に乗ってくれる労働組合(会社内に労働組合がなくても、一人でも入れる労働組合は沢山あります)や、労働者側の立場で活動する弁護士のことです。無料の電話相談をやっている団体もあります。

専門家への相談により、会社への改善申入であったり、退職したい場合の具体的な退職の仕方など、ケースごとに異なる具体的な対応について、アドバイスをもらえますし、一人で抱え込みがちな精神的不安も緩和してくれるでしょう。労働トラブルに対しては、最終的には具体的なケースを踏まえて行わないと、正確なアドバイスは出来ないですし、ぜひ直接相談をしてみることをお勧めします」

使い潰されると全く思わず、被害に遭う人も多数

「私自身、社会生活上で接する様々な業種の労働者に対し『学生気分が抜けてないのでは?』と、不満を感じたことはあります。ですが、こういった社会人としての自覚に欠ける労働者は、使用者からの労務管理上の指導、先輩・同僚からの指導で改善しますし、改善しない労働者は自然淘汰されるでしょう。

むしろ、私が強調したいのは、『ブラック企業』と称される会社の違法な労務管理によって、働くことが不可能な状況にまで追い込まれたり、場合によっては命まで落とす労働者が多数存在する現実です。

自分の会社が『ブラック企業』だとも、自分が使い潰されるとも、全く思わずに被害に遭う方も多数います。これから社会人として働いていこうとする皆さんに対して、私からは、以下の言葉を贈りたいと思います。

『会社のいうことは全てではない』『辛いと感じたら早めに専門家に相談を』『身を守るための証拠を残そう』」

 嶋崎 量(しまさき・ちから)弁護士
日本労働弁護団事務局長、ブラック企業対策プロジェクト事務局長。共著に「ブラック企業のない社会へ」(岩波ブックレット)、「ドキュメント ブラック企業」(ちくま文庫)など。Yahoo!個人ニュース
事務所名:神奈川総合法律事務所
 
弁護士ドットコムの関連記事
AV出演」が知人にバレた!「恥ずかしくて死にたい」・・・回収や削除は可能か?
ラーメン屋で「1杯130円」のライスだけ注文する客・・・店は断ることができる?
バックレ、仕事が合わない…自治体が「保護観察中」の少年採用、継続性に課題

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。