被災地・女川の水産業をカタールが再建支援

「漁業はもうだめだ、再生はできないんだ、女川にいたってしゃあねえと、いろんなことを考えた」。女川魚市場買受人協同組合の�橋孝信理事長は当時を振り返る。52社あった組合員企業のうち、被害を免れたのはたったの3社だけ。水産業関係者と議論を重ねるうちに、水産業を建て直すにはまず冷凍・冷蔵倉庫の再建が不可欠であるとの認識に至った。

共同の冷凍・冷蔵庫を使用することができれば、各社が個々に再整備をすすめるよりも負担が軽減できる。共同の大規模施設を建設し、それを核にして女川の水産業の再建を図る方法が見えてきた。そこに、被災地支援を続けていた日本財団の紹介により、中東・カタールによる「カタール フレンド基金」に応募する話が持ち掛かった。

カタール フレンド基金とは、カタールが被災地の復興の取り組みに資金援助するもので、総額80億円(1億米ドル)の寄付により設立。三菱総合研究所が事務局となり、岩手県、宮城県、福島県における「教育」、「健康」、「水産業」の3分野のプロジェクトを支援対象としている。

カタールは世界最大の液化天然ガス(LNG)供給国で、日本にとってもマレーシア、オーストラリアに次ぐ天然ガスの主要な輸入相手国。原発事故後の2011年には輸入額が前年比1・7倍の7669億円に増え、LNG総輸入額の16%を占めるまでになっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT