リケジョが開くギャツビー欧米進出の扉

 

“髪を作り込む”のは日本くらいのもので、実は日本固有の文化でもある。欧米ではヘアフォームなどで固めるだけで、作り込みはしない。欧米での日本のアニメブームも追い風となった。「悟空ヘア」や「ナルトヘア」と言ったアニメヘア、ツンツンヘアを真似することが若者の間で流行っているのだ。海外のサイトやフェイスブックでは「おい、あの髪型にするにはどうすりゃいいんだよ」「なんでも日本にはそれ用のワックスがあるらしいぞ」「ムービングラバーって言う製品があるらしいぞ(意訳)」などと言うやり取りも交わされている。

しかし、これまでは欧米には「MOVING RUBBER」そのものもなければ、情報もない状態だった。買うこともできない。マンダムも日本とアジア圏向けのホームページはあるが、欧米圏に向けた情報発信などをしてこなかった。

ただ、WEB上で人気があるからといって、いきなり現地に販売網を作ったりはしない。「まずはコミュニケーションを取ることから」(伊達)と、マンダムの瀬踏みは始まったばかり。

「モノが広がるのは通過点だと思っています。髪型を作り込むという日本文化を発信できるようになればいいなと思うんです。そしてその通過点にMOVING RUBBERがあれば」と伊達は控え目だが、その瞳の奥にはもっと大きな野心がみえたような……、気がする。(敬称略)

(タイトル横の写真はギャツビーはファンが開設した非公式のFacebookサイト、ファン数は3万人以上にも上る)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。