韓国総選挙、与党の「衝撃的惨敗」が映すもの

従来の各政党の支持基盤が崩壊した

セヌリ党の金武星代表。投票締め切り時の出口調査の結果が 発表されて以来、渋い表情が続いた

民心は「与小野大」を選択した。

4月13日に実施された韓国の総選挙。有権者は当初の予想を覆し、「1票の力」を限りなく発揮した。有権者による「選挙の革命」であり、反目と対立から抜け出し、対話と妥協の政治を行えとの強いメッセージを政界に投げかけたことになる。

16年ぶりに「与小野大国会」に

当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です

今回(第20代)の総選挙では、与党であるセヌリ党が衝撃的な惨敗に喫し、院内第一党の座を「共に民主党」に明け渡すことになった。韓国国会の定数は300議席。中央選挙管理委員会によれば、253の地域区のうち共に民主党が110、セヌリ党が105、国民の党が25、正義党が2、無所属が11議席を獲得した。比例代表の場合、セヌリ党が17、共に民主党と国民の党がそれぞれ13議席、正義党が4議席を獲得した。

地域区と比例代表の議席を会わせると、共に民主党が123、セヌリ党122、国民の党38、正義党6、無所属11となる。無所属を除いた野党3党の獲得議席は167となり、16年ぶりに「与小野大国会」となる。

特に、最大の激戦地となったソウル首都圏で、セヌリ党は今回獲得した122議席の3分の1も獲得できなかった。「伝統的な票田」とみられてきた韓国南東部の慶尚(キョンサン)道でも65選挙区のうち17選挙区を野党と無所属候補に明け渡すことになった。

次ページ最大野党が首都圏で想定外の圧勝
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT