韓国総選挙、与党の「衝撃的惨敗」が映すもの

従来の各政党の支持基盤が崩壊した

セヌリ党の金武星代表。投票締め切り時の出口調査の結果が 発表されて以来、渋い表情が続いた

民心は「与小野大」を選択した。

4月13日に実施された韓国の総選挙。有権者は当初の予想を覆し、「1票の力」を限りなく発揮した。有権者による「選挙の革命」であり、反目と対立から抜け出し、対話と妥協の政治を行えとの強いメッセージを政界に投げかけたことになる。

16年ぶりに「与小野大国会」に

当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です

今回(第20代)の総選挙では、与党であるセヌリ党が衝撃的な惨敗に喫し、院内第一党の座を「共に民主党」に明け渡すことになった。韓国国会の定数は300議席。中央選挙管理委員会によれば、253の地域区のうち共に民主党が110、セヌリ党が105、国民の党が25、正義党が2、無所属が11議席を獲得した。比例代表の場合、セヌリ党が17、共に民主党と国民の党がそれぞれ13議席、正義党が4議席を獲得した。

地域区と比例代表の議席を会わせると、共に民主党が123、セヌリ党122、国民の党38、正義党6、無所属11となる。無所属を除いた野党3党の獲得議席は167となり、16年ぶりに「与小野大国会」となる。

特に、最大の激戦地となったソウル首都圏で、セヌリ党は今回獲得した122議席の3分の1も獲得できなかった。「伝統的な票田」とみられてきた韓国南東部の慶尚(キョンサン)道でも65選挙区のうち17選挙区を野党と無所属候補に明け渡すことになった。

次ページ最大野党が首都圏で想定外の圧勝
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。