補助金終了後も激化する「軽」競争、ホンダは「N」シリーズを5割増産

補助金終了後も激化する「軽」競争、ホンダは「N」シリーズを5割増産

ホンダが軽自動車市場で台風の目となっている。同社は昨年末、新型軽「N BOX」を投入。張り出し感のある独自のデザインや広い室内空間が人気を呼び、今年4月以降、軽自動車としてトップの販売を続けている。

7月には第2弾となる「N BOX+」(写真)も発売。1~8月の軽乗用車におけるホンダのシェアは17%、2011年の8.6%から大幅に向上した。ダイハツ工業・スズキの2強体制から、3強時代の到来を指摘する声もある。

11月に第3弾を投入

ホンダは10月から鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で、「N」シリーズの増産に踏み切る。1日当たり約1000台だった生産を5割増の約1500台へ拡大。鈴鹿では2本のラインのうち、1本のみでNシリーズを生産していたが、今後、もう1本のラインでも本格的に生産を始める。9月中にもエコカー補助金が終了し、軽市場の縮小が見込まれる中、強気の増産計画を立てる。

この時期の増産決定は、補助金終了後もNシリーズの好調な販売を維持できるという自信の表れでもある。現在も両車(BOX、BOX+)は納車までに平均1カ月半を要する。これまで「一部に制約があった」(同社幹部)部品調達にメドがついたこともあり、バックオーダー(繰り越し注文)の解消を進める。

そして増産の最大の理由は、11月にNシリーズの第3弾の投入が控えていることだ。新型車は同じプラットホーム(車台)を利用しながら、前2車と比べ車高が低く、より走行性能を重視したモデル。「新型車のほうが販売の中心になる」(部品メーカー首脳)との期待もあり、ワゴンRにとって、強力なライバルとなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。