補助金終了後も激化する「軽」競争、ホンダは「N」シリーズを5割増産

補助金終了後も激化する「軽」競争、ホンダは「N」シリーズを5割増産

ホンダが軽自動車市場で台風の目となっている。同社は昨年末、新型軽「N BOX」を投入。張り出し感のある独自のデザインや広い室内空間が人気を呼び、今年4月以降、軽自動車としてトップの販売を続けている。

7月には第2弾となる「N BOX+」(写真)も発売。1~8月の軽乗用車におけるホンダのシェアは17%、2011年の8.6%から大幅に向上した。ダイハツ工業・スズキの2強体制から、3強時代の到来を指摘する声もある。

11月に第3弾を投入

ホンダは10月から鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で、「N」シリーズの増産に踏み切る。1日当たり約1000台だった生産を5割増の約1500台へ拡大。鈴鹿では2本のラインのうち、1本のみでNシリーズを生産していたが、今後、もう1本のラインでも本格的に生産を始める。9月中にもエコカー補助金が終了し、軽市場の縮小が見込まれる中、強気の増産計画を立てる。

この時期の増産決定は、補助金終了後もNシリーズの好調な販売を維持できるという自信の表れでもある。現在も両車(BOX、BOX+)は納車までに平均1カ月半を要する。これまで「一部に制約があった」(同社幹部)部品調達にメドがついたこともあり、バックオーダー(繰り越し注文)の解消を進める。

そして増産の最大の理由は、11月にNシリーズの第3弾の投入が控えていることだ。新型車は同じプラットホーム(車台)を利用しながら、前2車と比べ車高が低く、より走行性能を重視したモデル。「新型車のほうが販売の中心になる」(部品メーカー首脳)との期待もあり、ワゴンRにとって、強力なライバルとなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。