補助金終了後も激化する「軽」競争、ホンダは「N」シリーズを5割増産

ホンダには最終的に鈴鹿を軽の専用工場にする構想もある。「軽ですべて埋まれば、生産効率が大幅に上がる」(同)。13年半ばには埼玉県寄居町に新工場が稼働し、現在鈴鹿を中心に生産する小型車「フィット」などが移管される見通し。鈴鹿の生産能力は1日約2200台。来年には新型軽「ライフ」投入も控えている。少なくとも鈴鹿では、今後軽の生産が大半を占めることになる。

ホンダの軽強化は本気だ。この勢いがどこまで続くか。まずは11月発売の「N」第3弾に注目が集まる。

ホンダの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(並木厚憲 =週刊東洋経済2012年9月29日特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。