競泳=北島が現役引退へ、リオ五輪出場ならず

200メートル平泳ぎ決勝で2分9秒96の5位

[8日 ロイター] - 競泳男子100メートル、200メートル平泳ぎの元世界記録保持者で、2004年アテネ五輪、08年北京五輪の2大会連続2冠を達成した北島康介(33)は8日、東京辰巳国際水泳場で行われた日本選手権のレース後に現役引退を表明した。

北島は200メートル平泳ぎ決勝で2分9秒96の5位に終わり、リオデジャネイロ五輪の出場を果たせなかった。1位の小関也朱篤が2分8秒14、2位の渡辺一平が2分9秒45で、日本水泳連盟が定めた五輪の派遣標準記録は2分9秒54を切り、代表に内定した。

北島は5日に行われた100メートル平泳ぎ決勝では59秒93の2位で、派遣標準記録の59秒63を切れなかった。

*カテゴリーを追加しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT