競泳=北島が現役引退へ、リオ五輪出場ならず

200メートル平泳ぎ決勝で2分9秒96の5位

[8日 ロイター] - 競泳男子100メートル、200メートル平泳ぎの元世界記録保持者で、2004年アテネ五輪、08年北京五輪の2大会連続2冠を達成した北島康介(33)は8日、東京辰巳国際水泳場で行われた日本選手権のレース後に現役引退を表明した。

北島は200メートル平泳ぎ決勝で2分9秒96の5位に終わり、リオデジャネイロ五輪の出場を果たせなかった。1位の小関也朱篤が2分8秒14、2位の渡辺一平が2分9秒45で、日本水泳連盟が定めた五輪の派遣標準記録は2分9秒54を切り、代表に内定した。

北島は5日に行われた100メートル平泳ぎ決勝では59秒93の2位で、派遣標準記録の59秒63を切れなかった。

*カテゴリーを追加しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。