iPhone5で不安増すソフトバンクの電波不足

iPhone5で不安増すソフトバンクの電波不足

ソフトバンクとKDDIは9月21日、米アップルの最新スマートフォン「アイフォーン5」を発売した。アイフォーンは2008年からソフトバンクが独占的に販売してきたが、昨年発売された「アイフォーン4S」からKDDIも取り扱いを開始。今回も両社の販売合戦が熱を帯びている。

アイフォーン5をめぐっては、発売前から戦いが繰り広げられた。予約の始まる14日午後4時ぎりぎりまで両社は互いの出方をうかがい、料金体系などの詳細を明らかにしなかった。ふたを開けると、両社の内容はほぼ同じ(表)。違いといえば、スマートフォンを経由してパソコンなどをインターネットに接続できる「テザリング」機能への対応をソフトバンクが見送ったことだった。

ところが、発売2日前の19日になってソフトバンクが急きょ記者会見を開催。孫正義社長がテザリングを来年1月から開始すると宣言し、KDDIが導入、契約の増加に成果を上げている固定ブロードバンド回線とのセット割引なども発表。「後出しじゃんけんです」(孫社長)とKDDIに追随する戦略を明確に打ち出した。

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。