ソフトバンクが“後出しジャンケン”でiPhone5のテザリングを発表、発売前にKDDIとのバトル過熱

テザリングはオプション料金が月額525円で、12月末までのキャンペーン期間中に申し込めば2年間は無料とする。また、通信量が月間7ギガバイトを超えた場合、通信速度が128キロビット毎秒に大幅に制限される。このあたりの条件はKDDIと横並びだ。

このほかすでに発表していた古いiPhoneを下取りして実質的に利用料を割り引く下取りプランについても下取り額の増額(事実上の割り引き拡大)を発表した。なお、下取りしたiPhoneは、アフリカなどの新興国向けに中古販売する仕組みを整えているという。
 
 さらにiPhone5に買い替えたユーザーの古いiPhoneを新たに家族が使う場合にパケット通信料を割り引くプランや、KDDIが大いに成果をあげている固定ブロードバンドとのセット割り引きも発表した。

孫社長は「いろんな条件で違いますが、KDDIよりだいたい月額1000円くらい安くなります」とKDDIに対する価格アドバンテージを強調した。


■テザリングの価格


■下取り価格も引き上げ

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。