ソフトバンクが“後出しジャンケン”でiPhone5のテザリングを発表、発売前にKDDIとのバトル過熱

テザリングはオプション料金が月額525円で、12月末までのキャンペーン期間中に申し込めば2年間は無料とする。また、通信量が月間7ギガバイトを超えた場合、通信速度が128キロビット毎秒に大幅に制限される。このあたりの条件はKDDIと横並びだ。

このほかすでに発表していた古いiPhoneを下取りして実質的に利用料を割り引く下取りプランについても下取り額の増額(事実上の割り引き拡大)を発表した。なお、下取りしたiPhoneは、アフリカなどの新興国向けに中古販売する仕組みを整えているという。
 
 さらにiPhone5に買い替えたユーザーの古いiPhoneを新たに家族が使う場合にパケット通信料を割り引くプランや、KDDIが大いに成果をあげている固定ブロードバンドとのセット割り引きも発表した。

孫社長は「いろんな条件で違いますが、KDDIよりだいたい月額1000円くらい安くなります」とKDDIに対する価格アドバンテージを強調した。


■テザリングの価格


■下取り価格も引き上げ

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT