ソフトバンクが“後出しジャンケン”でiPhone5のテザリングを発表、発売前にKDDIとのバトル過熱

ソフトバンクが“後出しジャンケン”でiPhone5のテザリングを発表、発売前にKDDIとのバトル過熱

ソフトバンクは21日のiPhone5発売を前に、高速通信規格のLTE対応のスマートフォンを対象に、スマートフォンをモバイル無線LANルーターとして利用できる「テザリング」機能を提供すると発表した。ただし、サービスの開始は来年2013年1月15日の予定とまだ先だ。

これまでソフトバンク、KDDI(au)ともにiPhoneによるテザリングは提供していなかった。だが、通信容量が大きいLTEに対応したiPhone5の発売に合わせ、KDDIはテザリングを提供すると発表、一方でソフトバンクは提供を見送っていた。もともとテザリングに対するニーズは非常に高いため、iPhone5の競争では、KDDIに対するソフトバンクのサービスの見劣りが目立つ格好となっていた。

19日に記者会見を開催した孫正義社長は「後出しジャンケンですが」と述べ、KDDIのテザリングに急遽、対応を決めたことを明らかにした。iPhone5発表以来、料金等ではほとんどKDDIと横並びできたものの、テザリングなしでは戦えないと判断したようだ。

現時点ではLTEの基地局整備が不十分のため、爆発的に通信量が増えるテザリングには対応できない。このため急ピッチでLTEの基地局整備を進め、3カ月後には対応できる見通しになったという。加えて、iPhone5が使う周波数帯でのLTE基地局の整備ではソフトバンクの方が大幅に進んでいると強調、KDDIに比べて立ち後れているとの評価に反論した。


■iPhone向けLTEでの優位性を強調

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。