イスラム国が示唆した次のターゲットとは?

ロンドンかベルリンあるいはローマ

 4月5日、過激派組織「イスラム国」は公表したビデオで、西側諸国でさらなる攻撃を行う可能性があるとし、ロンドン、ベルリン、ローマを可能性のある標的として挙げた。写真はイスラム国の旗、2月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[カイロ 5日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」(IS)は5日公表したビデオで、西側諸国でさらなる攻撃を行う可能性があるとし、ロンドン、ベルリン、ローマを可能性のある標的として挙げた。

映像は、以前の攻撃後の様子を映した映像とともに英語のナレーションで「昨日がパリ、きょうがブリュッセルならば、あすはどこか、アラーはご存知だ。おそらくそれはロンドンかベルリンあるいはローマだろう」と語っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。