「英語が仕事に不可欠」という職場は多くない

自分にとって必要なレベルを見極めよう

繰り返しですが、自分自身に業務上のコンテンツがないまま、英語力だけつけてもまったく意味がありません。先ほどの英語力があってもプラスにならないケースというのはまさにこのことです。

反対に英語力があってプラスになるケースというのはコンテンツがあるケースです。この場合は片言であっても相手は聞こうとしますし、本当に重要な場合は通訳をつけてでも聞こうとするでしょう。それこそ英語屋さんに活躍してもらえば良いのです。

英語は社会人の必須科目ではない

余談ですが、英語力があったとしても海外との交渉上わざと英語をしゃべらず通訳を介するなんてのは日常茶飯事です。ひとつでも相手の得意領域で勝負しないという事ですね。国境をまたぐM&Aの世界ではよくあります。

このように英語を活用するシーンと自分が活用しうるコンテンツのバランスを考えながら、英語学習の優先順位を考えると良いでしょう。そしてその際には、活用頻度や内容を考え、レベル感を調整すれば良いのです。

英語というと、どうしても社会人の必須科目のように思いがちですが、本当の必須科目は自分の業務に関連する事柄であり、やるべきことは人それぞれ異なるという事になります。

ましてや英語力があれば何かが開けるのではなく、コンテンツがある事のほうが重要なわけです。コンテンツのない英語屋さんとコンテンツのある片言英語マンだと断然後者に価値があるわけです。

南波さんが、そのあたりのバランスを見極め、ご自身の中における英語の優先順位を見極められることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT