ヒッグス粒子と宇宙創成 竹内薫著

ヒッグス粒子と宇宙創成 竹内薫著

今年の7月4日、「ヒッグス粒子」とみられる新粒子を「発見」したと、スイスのCERN(欧州合同原子核研究機構)が発表。ヒッグス粒子が発見されれば物理学の世界は大きく前進し、ノーベル賞受賞間違いなしといわれていただけに、このニュースは世界中で大きな反響を呼んだ。

本書は、「すべての物質を構成する“素粒子”に“質量を与える”粒子」といわれるこのヒッグス粒子の正体を解き明かす。素粒子とは、質量とは何か、から始まり、これまでに知られている物理学のさまざまな考え方、宇宙はどう作られたのか、ヒッグス粒子発見までの学者たちの困難な道のりなどを、サイエンス作家が難しい数式抜きにわかりやすく解説する。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。