ヒッグス粒子と宇宙創成 竹内薫著

ヒッグス粒子と宇宙創成 竹内薫著

今年の7月4日、「ヒッグス粒子」とみられる新粒子を「発見」したと、スイスのCERN(欧州合同原子核研究機構)が発表。ヒッグス粒子が発見されれば物理学の世界は大きく前進し、ノーベル賞受賞間違いなしといわれていただけに、このニュースは世界中で大きな反響を呼んだ。

本書は、「すべての物質を構成する“素粒子”に“質量を与える”粒子」といわれるこのヒッグス粒子の正体を解き明かす。素粒子とは、質量とは何か、から始まり、これまでに知られている物理学のさまざまな考え方、宇宙はどう作られたのか、ヒッグス粒子発見までの学者たちの困難な道のりなどを、サイエンス作家が難しい数式抜きにわかりやすく解説する。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。