ヒッグス粒子と宇宙創成 竹内薫著

ヒッグス粒子と宇宙創成 竹内薫著

今年の7月4日、「ヒッグス粒子」とみられる新粒子を「発見」したと、スイスのCERN(欧州合同原子核研究機構)が発表。ヒッグス粒子が発見されれば物理学の世界は大きく前進し、ノーベル賞受賞間違いなしといわれていただけに、このニュースは世界中で大きな反響を呼んだ。

本書は、「すべての物質を構成する“素粒子”に“質量を与える”粒子」といわれるこのヒッグス粒子の正体を解き明かす。素粒子とは、質量とは何か、から始まり、これまでに知られている物理学のさまざまな考え方、宇宙はどう作られたのか、ヒッグス粒子発見までの学者たちの困難な道のりなどを、サイエンス作家が難しい数式抜きにわかりやすく解説する。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。