ソフトバンクとでも提携しないと顧客を満足させられない--山村雅之・NTT東日本社長


 
 ソフトベンダーとも自社サービスとマッチするものはどんどん取り入れていきたい。ソフトを買い取るということもありえないわけではない。
 
--就任会見では増収増益を目指すとしていたが、具体策は。

国内のみに事業展開が限られるということもあり、社内には閉塞感が漂っている。法規制によりグループ内のNTTドコモとの提携にも制限が出てくる。さらに、今期も増収増益(営業収益1兆8680億円、営業利益650億円)を掲げ頑張っているが、進捗を見るかぎり厳しいかもしれない。

しかし、私自身はお客様の要望に耳を傾ければ新しい展開も見えるし、今の環境の下でもできることはまだまだあると考えている。

「フレッツ光」だけでも約1000万の契約者がいる。既存顧客に新しいサービスを提供すれば、それが月額100円、200円という程度でも大きな増収につながる。7月にはデータセンターの設置が、17ある全都道県域で完了したのでクラウドサービスでも成長策を描いている。
 
--クラウドサービスは競合も多いが、NTT東の強みはどこにあるのか。

クラウドというにはプリミティブかもしれないが、市町村など小規模な自治体のデータを預かる、遠隔操作を請け負う等のビジネスチャンスはある。県庁など受注額の大きな自治体では外注化が当たり前で、大手のITベンダーが何十も群がり競争が過熱する。
 
 一方、小規模な自治体はいまだに庁舎の中でデータを保管しているところも多い。東日本大震災では、こういった自治体がデータを消失してしまうという問題もあった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT