ソフトバンクとでも提携しないと顧客を満足させられない--山村雅之・NTT東日本社長

--今回の提案では、初任給は同水準を維持しながらその後の昇給度合いが緩やかになるため、働き盛りの世代のモチベーション低下になるという懸念も出ている。

総人件費を増やして65歳まで雇用を延長するということでは企業としては立ち行かない。総人件費は増やさないが、人件費そのものをどうするかというのは今後の議論で詰めていく。
 
 今回の提案が全員のインセンティブを高めるかどうかという問題はあるが、成果を出した人には従来の制度と変わらずに昇給していける道がある。従来以上にやれば報われる賃金制度として労組とは議論していきたい。

やまむら・まさゆき
 1953年生まれ。東京都出身。東京工業大学大学院理工学研究科電気工学専攻課程修了。1978年旧電電公社入社。NTT中期経営戦略推進室担当部長、NTT東日本東京支店長、ネットワーク事業推進本部長などを経て、2012年6月より現職。

(聞き手:麻田真衣 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT