速く走りたいなら炭水化物は「夜抜く」べきだ

最新食事法スリープローの効果とは

しかし、再びトライアスロンの模擬レースを行うと、このグループのアスリートたちのパフォーマンスが顕著に向上したのだ。レースの最後に行われる10キロのランニングでは、実験の始めに行ったレースよりも約75秒(3%)タイムが速くなった。もう一方のグループには上達は見られなかった。

さらに、スリープローを実践したアスリートは体脂肪が減り、もう一方のグループには変化がなかった。

実践には注意も必要

INSEPの大学院生で研究チームのリーダーであるローリー・アン・マルケは、午後に激しい運動をして体内の炭水化物(糖質)を消耗させ、翌朝に適度なトレーニングをした後にホットケーキの山を食べれば、持久力とパフォーマンスが向上するだろうと言う。

スリープローのプログラムを実践したアスリートは、脂肪をエネルギー源として効果的に使えるようになったことで別のグループに比べてよりハードな運動が可能となり、それによって体力とスピードが向上したと考えられるという。

当然ながら、このような厳しいプログラムはすべての人に向いているわけではない。マラソンやトライアスロンなどのトレーニングをしていない人には、スリープローの効果は同じようには表れないだろう。こうした競技のアスリートでも、このプログラムを実践するには注意が必要だと、マルケは指摘する。レースの数週間前から始め、レースの数日前には内容を軽くするといいという。

ただ、この食事法が気になる人にとって励みとなるのは、マルケいわく、実験に参加したアスリートのほとんどがこのプログラムをすでにトレーニングに取り入れていることだ。

(執筆:Gretchen Reynolds記者、翻訳:前田雅子)

© 2016 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。