サッカー界のレジェンド、クライフ氏が死去

享年68、肺がんで

 3月24日、サッカーで選手としても監督としても偉大な功績を残したレジェンド、ヨハン・クライフ氏が肺がんで死去した。ロンドンで2006年7月撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[アムステルダム 24日 ロイター] - サッカーで選手としても監督としても偉大な功績を残したレジェンド、ヨハン・クライフ氏が24日、肺がんで死去した。68歳だった。

現役時代のクライフ氏は1970年代を代表する名選手として活躍し、「トータルフットボール」と呼ばれた哲学を実践するオランダ代表の中心選手として1974年ワールドカップ(W杯)で準優勝。同大会で披露した軸足の後ろにボールを通してDFを抜く技術は「クライフ・ターン」として知られるようになり、欧州年間最優秀選手賞「バロンドール」(現世界年間最優秀選手賞)も3度受賞した。

指導者としても、バルセロナ(スペイン)でリーグ4連覇を成し遂げ、欧州チャンピオンズリーグの前身である欧州チャンピオンズカップを2回制するなどの実績を残した。ボールポゼッションを重視する当時のバルセロナは「ドリームチーム」と称賛され、サッカー界に大きな影響を与えた。

クライフ氏は昨年10月に肺がんを患っていることを公表し、「前半を2─0でリードしている状況」と話していたが、5カ月の闘病の末に亡くなった。

サッカー界からは彼の死を惜しむ声が多く聞かれ、ブラジル代表の英雄ペレは「クライフは偉大な選手であり、偉大な監督だった。フットボールファミリーに非常に重要な遺産を残した。我々は偉大な人物を失った」と悔やんだ。

アルゼンチン代表の伝説的人物、ディエゴ・マラドーナ氏は「友よ、君のことを決して忘れない」とコメント。現在の世界最高選手であるリオネル・メッシも「今日、レジェンドがまたわれわれの元から去ってしまった」とクライフ氏の死を悼んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT