『襲われて』を書いた柳川喜郎氏(前岐阜県御嵩町長)に聞く


 日本の一隅、点に過ぎないような御嵩という小さな町で起きた環境問題の、また一隅の問題が御嵩の産廃だったが、こういった大きなバックグラウンドの中で考えてきた。

--地方自治としての問題点も随所に見られます。

元マスコミ町長として言えば、行政というのは、結局、情報公開と説明責任、この二つをきちんとやっていれば、何をやってもいい。これは国政のレベルもそうだ。

御嵩町のある岐阜県は東京とは大きく違う。地域格差が広がったといわれているが、東京を中心とした首都圏と、それ以外の地方との格差はどんどん広がっている。東京に住んでいる人には想像に絶することが地方では起こりうる。これが御嵩の産廃問題の一つの特殊な性格をつくる。岐阜という保守的な風土の中で起きたという面もある。

その中での地方自治は大きなテーマだった。国と都道府県と市町村、三つの行政レベルがあるが、具体的な問題になると、市町村はまるっきり国や都道府県の「家来」だ。住民は上下の関係にあると、頭の中に刷り込まれている。何か問題が起こると、考える前にすぐ電話をとって、どうしたらいいかと県とか県事務所に聞く。それは役場の職員に旧内務省のころの話だよと、説き聞かせてもわかってもらえない。

--民意を大事にしました。

民主主義のしんどさ、それをとことん体験した。それこそチャーチルではないが、「民主主義はひどい制度だ。ただほかの制度に比べればいい制度だ」と実感したものだ。民主主義とは一に説得、二に説得に尽きる。それに時間とエネルギーを費やす。手間隙(ひま)を惜しむと、民主主義ではなくなる。住民投票の発想の根底にはそれがあった。結局は民意しかない。その結果を甘んじて受け入れなければならない。

--産廃処分場の手続きでの民主主義とは。

僕は処分場をなくていいとは言っていない。どうしても処分場が必要なら、民主主義の手法にのっとり、時間とエネルギーとコストをかける。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。