『襲われて』を書いた柳川喜郎氏(前岐阜県御嵩町長)に聞く


 たとえば岐阜県内に1箇所ほしいというなら、当時99の市町村があり、そこで候補地を出してもらう。それを客観的、科学的かつ総合的に、たとえば県とか信頼できる機関が精査して絞り込んでいく。同時に、絞り込みの過程はすべて情報公開する。かくかくしかじかの理由でここ、と特定するやり方だったら、御嵩町民にしてもおそらく納得しただろう。

ところが、御嵩町の場合、業者が産廃をどれだけ埋められるか、谷が大きければいいという具合で申請した。木曽川が流れていようが関係なく選んで、そこを県が追認した。

--業者は儲かればいい、と。

専門家に聞くと、クスリ業界と並んで産廃業界は利益率が高い。いちばんおいしいのは最終処分場とも。

産廃を表のビジネスに引っ張り出すべきだ。たとえばアメリカでは、かつては裏のビジネスだった。しかしいまは売り上げ1兆円を超える大産廃会社さえある。情報公開して、はっきり世間に示せる世界にしないといけない。

日本も4年前に産廃会社の評価制度をつくっている。各県で点数をつけて、優良業者のお墨付きを出す。ところが、ほとんどの県で実施されていない。産廃業者の優良化のための制度だったが、いまのままでは絵に描いた餅だ。

--産業廃棄物をどう処理したらいいのでしょうか。

まず処理せざるをえないものを極力出さないことだ。出たものはなるべく自分の工場の中でリサイクルして使う。また、技術開発が必要でカネがかかるが、減量化する。それから手間隙とカネをかけて無害化する。それでもなおかつ少量の有害物が出てくる。それをどうするか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?