パナソニックが三洋買収でやきもき、長引く独禁法の審査


シナジー追求も凍結

根本路線に影響はない。だが買収時期が遅れれば、相乗効果が期待される事業で機会損失につながりかねない。

たとえば、パナソニック電工が販売する住宅用太陽光発電システム。今年から復活した補助金が追い風となり、4~6月期は前年同期比2倍となった。しかし基幹部品の太陽電池セルを競合他社から調達しており、仕入れ価格、数量ともにハンディキャップがあると同社は嘆く。「グループで調達できればもっと安く、たくさん売り込めるのだが」(パナソニック電工幹部)。三洋電機は世界最高性能の太陽電池セルを製造している。

昨年12月には事業シナジーの検討に向け「コラボレーション委員会」を設立した。が、審査期間中は身動きできず、実質凍結状態のまま。その先に光が見えているのに、なかなか進めない苦しみに両社はあえいでいる。

■業績・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

 

 

(西澤佑介 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT