「大井モノレール構想」はなぜ幻に終わったか

あのジャーナリストの父親がかかわっていた

嶌の『自処超然』には、これらの疑問への回答は記されていない。本人に直接話を聞こうにも、今から18年前の1998年に亡くなっている。

しかし、嶌の息子である信彦さんからは、信正の人となりを少し聞くことができた。信正と同様、毎日新聞出身のジャーナリストで、現在は日本ウズベキスタン協会の会長としても活動している、嶌信彦さんだ。

画像を拡大
国交省に残されていた大井モノレールの略図を見るジャーナリストの嶌信彦さん。父・信正と大井モノレールについて話をした記憶はないという

信彦さんは「父はしょっちゅう職業が変わっていた。子供の頃は、父が今どんな仕事をしているのか、よくわからなかった」と話す。頻繁に転職を繰り返していたせいか、信正の仕事に強い興味は持っていなかったらしく、大井モノレールについても「父と話をした記憶はない」という。

ただ、信正が日本高架電鉄に入った頃、信彦さんは珍しく「どんな仕事をやってんの?」と質問したという。「当時はモノレールがどんな乗り物なのか、自分もよく知らなかったから。父は『羽田から東京までは、自動車時代になって、混んで時間がかかってしょうがない。(時間を)短くするためにモノレールが必要。建設用地を確保するために地主と交渉するのが私の仕事』などと話していた」。

熱血漢が仲間と挑んだ夢

もっとも、信正はモノレールそのものに強い関心があったわけではないようだ。信彦さんは「父は熱血漢で、人に好かれるタイプだった。職を失うと、友人が『嶌を助けよう』と、必ず次の仕事を紹介していたようだ」と話す。「父も父で、友人から面白そうな仕事の話を持ちかけられると、『よし、手伝ってやろう』と、すぐに動く人だった」という。

実際、信正は前述の通り、参院副議長秘書を辞めて「浪人暮らしを覚悟」した頃、東京モノレール元副社長の城戸が誘っている。「東京モノレール時代に城戸と仲良くなったようで、家でもよく『城戸さん、城戸さん』と話していた。きっとウマが合ったんじゃないかな」(信彦さん)。

信正が大井モノレールの計画にかかわったのも、モノレールという乗り物への興味というよりは、東京モノレール時代の「仲間」とのつながりによるところが大きかったのかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT